株式会社エコアニマルヘルスジャパンの最新情報

あけましておめでとうございます。

 旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。本年も変わらぬお引き立ての程、宜しくお願い申し上げます。

 昨年の午年でしたが、「午」は「忤」(ご:「つきあたる」「さからう」の意味)で、草木の成長が極限を過ぎ、衰えの兆しを見せ始めた状態を表しているとされるそうで、後に、覚え易くするために動物の馬が割り当てられたと記されております。

 今年の干支の「ヒツジ」は、 ウシ目 ウシ科 ヤギ亜科の1種です。同じヤギ亜科に属するヤギは木の芽や皮も食べますが、草だけを食べます。群れをなす羊は、家族の安泰を示しいつまでも平和に暮らす事を意味するそうです。

 十二支の「未」の文字は、「子」から始まり「亥」に至る植物の発達段階を十二段に分けて表したもので、未はまだ熟しきらない成長途上の植物を表し、未熟の「未」という意味を示すそうです。弊社も新たな挑戦の結果にはまだまだ至らず、更なる成長を目指しております。

 さて、今年はどんな年になるでしょうか?養豚ではPED発生が収まらず、養鶏ではトリインフルエンザ発生が続き、「防疫対策」が重要になってきました。

 折しも今年6月には京都で「国際新興再興豚病学会」が開催されます。地域更には国家防疫について再考する良いタイミングだと感じております。まったく予測できない日本の畜産業において、業界として将来を見据えた共通認識が必要な時代になってきました。

 弊社ECOグループは、「経済的なエコノミックな製品をお客様にご提供していく」という基本理念に立ち、一歩ずつ、目の前のできることから取り組んで参りたいと存じます。

 新しい年が更に良い年になるよう祈念致しまして、新年のご挨拶とさせて戴きます。どうぞ皆様、今年も宜しくお願い致します。


株式会社エコアニマルヘルスジャパン

代表取締役

石垣 克至